ご挨拶・経営理念

ご挨拶


私自身、若い頃は「自立型人材」とは対極の「依存型人材」であった。 ある時、先輩社員から「自分はどう思うか?」と問われ、頭が真っ白になり答えられず。(「前に踏み出す力」なし)
上司との面談では、「今期は何を改善したか?」と問われ、決められた仕事しかやっていなかったことを痛感。(「考え抜く力」なし)
「人のことをとやかく言いたくないし、人から言われたくもない」と考えていた。(「チームで働く力」なし)

「このままではいけない」と感じながらも、どうすればよいかがわからず、悶々とした日々を過ごす。
ちょうどその頃、会社から年間一人のアメリカ半年間研修生に選ばれる。

「自立型」への目覚め

アメリカでは、いろいろなビジネス最前線に遭遇し、多くのビジネスパーソンの話を聴くことを通して、徐々に「自立型人材」に必要な能力を習得していった。

帰国後、自らが「依存型人材」から「自立型人材」へと成長した経験をノウハウとしてまとめていたところ、経済産業省が「社会人基礎力」を提唱。自らがまとめていた内容と共通する部分が多いことに驚き、これを社会へ広めるため、独立して「日本キャリアート株式会社」を設立。

講師経験

研修会社と提携し、全国の自治体・民間にて研修に登壇。年間約180回、累計約2,000回以上の研修登壇経験を持つ。受講者からは、満足度90%以上の評価を受ける。

目指すビジョン

「働く」ということは素晴らしいこと。いろいろなことを学び、多くの人たちと出会い、いろいろな刺激を受けて成長できる。しかし、残念ながら働いている人全員が「働く喜び」を実感できているわけではない。「働く」ことを苦痛に感じている人も多い。1人ひとりが「働く喜び」を実感し、「人が変われば組織が変わり、そして社会が変わる」そんな姿を目指している。

 

このページの先頭へ戻る