「平成」から「令和」へ、新たな幕開け

2019年5月1日

「平成」が幕を閉じ、新たに「令和」の幕が開けました。みなさんにとって、よき時代となることを願っております。

さて、時代が変わることに合わせて、何か新しいことを始めようとお考えですか。私は、新たに「介護職向け基礎力強化」に専念することといたしました。

今までは全業種、いろいろなテーマの研修に登壇して参りました。しかし、どの業種、どのテーマも奥が深く、すべてに対応しようとすれば、結果として浅い内容にとどまってしまいます。

そこで、業種およびテーマを絞ることしました。業種は「介護職」、テーマは「基礎力」です。

なぜ介護職かと言えば、高齢化問題はもはや社会全体にとって重要な課題だからです。今までも介護施設での研修にも登壇してきました。

そこで目にしたのは、多くの方々が利用者のために一生懸命に働いている姿でした。自分にも何か貢献できないかと考えました。

とはいっても、両親も元気な80代で家族の介護経験があるわけではなく、実務的なことでのサポートはできそうにありません。(ボランティア先は今探していますが)

そこで、自分にできることで、自分がやりたいことで何かお役に立てることはないかと考えました。

その結果、「介護職向け基礎力強化」となりました。

「基礎力」を体系的にまとめたものとしては、経済産業省が提唱する「社会人基礎力」だと思います。そこで、「介護職が抱える課題」を解決するために「社会人基礎力」強化に取組んでいくこととしました。

介護についてはまだまだ勉強不足ではありますが、令和の時代を通していろいろな情報の収集や分析し、経験を積み、学んでいきたいと思います。

今後は、隔週くらいのペースでこのメルマガ「介護職向け基礎力強化塾」を発信していきたいと考えています。研修登壇のため全国を巡っていますので、そのお土産話なども含めてお届けしていきたいと思います。

今月は、山形県、岐阜県、福島県、茨城県、富山県、神奈川県、山梨県に伺う予定です。

では、またお会いしましょう。

このページの先頭へ戻る